本文へ移動

PFC-FD療法

PFC-FD療法とは

ご自身の細胞から抽出した『成長因子』を活用する新しい治療法です。
人が生まれながらに持っている、自然治癒力を利用した再生医療。新しい選択肢として注目されており、スポーツ選手が導入していたり、大学病院で多くの膝関節治療に用いられてるのが<PRP療法>です。
血液の細胞成分から血小板を多く含んだ成分だけを取り出したPRPを傷ついた箇所に注入。血小板に含まれる<成長因子>の働きを利用して、細胞の成長や増殖を促します。
 
<PFC-FD療法>は、厳格な管理がなされた施設で加工された<成長因子>を使う治療です。
患者さんご自身の血液から作られたPRPを特殊な技術でさらに濃縮させて血小板を活性化し、より多くの<成長因子>を取り出します。この<成長因子>を関節内に注射することで、痛みを和らげたり、損傷部の機能改善を目指します。
 

PFC-FD療法の特徴

手術をしない、関節内注射による日帰り治療

ご自身の血液から抽出した<成長因子>を肘・膝などの関節内に注射器を使って注入する治療なので、手術の必要はありません。

自己血液を使用するオーダーメイド治療なので安心安全

患者さんご自身の血液をもとにした<成長因子>を使用するオーダーメイド治療なので、アレルギー反応などのリスクも少ないです。厳格な管理がなされた清浄度の高い再生医療センターで、成長因子を抽出しています。

多量の成長因子で自己修復機能を促進

血小板に含まれる<成長因子>の働きによって、患部の自己修復機能が促進されると考えられています。
<PFC-FD療法>では独自技術により、同量の血液から作製する通常のPRPよりも多くの成長因子を注入することが可能です。

対象疾患

・変形性関節症
・腱板損傷
・靭帯損傷
・筋腱付着部の炎症
・テニス肘など
 

PFC-FD療法の流れ

STEP 1 問診・診察

関節の痛みや違和感の程度、これまでに行ってきた治療についてお伺いします。

STEP 2 採血

自己血液を約50mlを採取し、清浄度の高い再生医療センターで検査・加工します。

STEP 3 注射

再生医療センターで加工、フリーズドライ化したご自身の血小板由来の<成長因子>をクリニックで患部に注射します。
セントラル整形外科
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-1-2
シティモール4F403
TEL.044-953-4433
FAX.044-953-4434
・整形外科
・リウマチ科
・リハビリテーション科
TOPへ戻る